酸素欠乏

くるしい

推しの聖誕祭に行ってきました

お久しぶりです。

9/14に二番煎じさんの聖誕祭がありましたね。ブログ書かなさ過ぎてもう先月ですね。

今まで2回開催されていたにもかかわらず金銭面や当時の状況的に行くことは困難で、今年になってようやく行けそうになったので満を持して行ってきましたTOKYO!!!5月の座間公演で立ち寄ったぶりだね!!!元気~~~!?!?

 

今回運良く両部当てることができたので福岡から始発便での参加でしたがま~~~~~~~眠い!!機内で手紙書こうと思ってたのに普通に爆睡でした!寝とかないと公演中に寝そうだった!!死!!!

 

勿論着くの早すぎるしTOKYOそれもSHIBUYAをキャリー引きずりながら歩くのも何なのでいったん荷物はホテルに預け、お友達のTさんにかまってもらいつつ開場を待ちました。ちなみにこのTさんは聖誕祭全く参加してません!!!オタクに会うためにわざわざ渋谷まで来てくださった!!!おいおい菩薩か!?!?!?当日まで渡すプレゼントも買ってない、手紙も書いてないというクソみたいな私に付き合ってくれてありがとう……好きです……。

 

 

ちょうどFUGAのトラライ。ちゃん広告が出てたのでそれも見に行きました。あの智哉くんめっちゃすき。渋谷は歩ける範囲内でいろいろ催しがあってとても良いと思いました!もう少し前だったらマディウォ広告も見れたのかなあとか。そもそもこんな大都会に何回も広告打てるようになっためせもあ。ちゃんすげえな……。ビジョンに会いドル気取り真っ最CHU♡の広告流れてた頃が懐かしいし、こうやって実際に広告見れる日が来ると思ってなかったから感慨深かったです。

f:id:natri_um21:20171018011742j:plain

せっかくなのでひとしきり遊びました(左手のビニール袋がダサいオブダサい)

 

Tさんと一旦お別れしていざ一部へ!正直なところ翡翠推しが一堂に会するってだけでやべー感じの同担拒否と同じテーブルに座ったら殺されたりしないだろうかとか古参にマウントかけられたりしないかとか考えて超怯えてたんですけどそんなこともなかったです^^

5人テーブルに2:2:1で座った時はあまりの孤独さに死ぬかと思いましたが始まってしまえば推しのかわいさに救われました。ありがとう二番煎じ。あと隣で緑組がご飯食べたカフェの場所とか教えてくださった方、誰だかわからないのですが気を遣ってくださりありがとうございました……。翌日行ってみたんですけど時間早すぎてやってるのかやってないのかわからなかったのでまた機会があれば行こうと思います。

一部はゲーム企画でした!なんとも騒がしいメンツと一緒に大好きなボードゲームをして楽しそうな推し、それを微笑ましく見守る翡翠推しという謎構図。かわいいから良し。実際盲目オタばかりなのかなにしても「かわいい~♡」の嵐で照れる推し、怒るゲスト薄桃の図がとってもありがたい面白かったです。聖誕祭なんだから好きなことをやればいい!楽しそうな推しが見れることがしあわせ!!ハッピージャムジャム最高踊ろうよ!!

 

二部はこれまた運良く前の方のテーブルに座ることができ、推しの一挙一動をまじまじと見ることができて最高でした……。こっちの部ではお絵かきコーナー(お察し)と歌演目があったんですけど、この歌演目がまあ、本当に、オタクをよくわかってらっしゃるというか。

 

ホルツのOPAで見れなかった人もいるかもしれないと歌った「ドーナツホール」

ちょっと攻めたところで「恋愛裁判」

他メンのイメージが強いかもしれないけど、と前置きしての「地球最後の告白を」

そして自分と重なるところがある、と言って最後に「如月アテンション」

 

テーマは「ひと昔前のボカロ曲」だったんですけど、どれも凄く良くて。そもそも歌演目やるにしてもこんなに歌うって想像してなかったからびっくりしたのもある。

 

ここでちょっと1曲抜粋して若干飛躍した話をしますね。

二番煎じさん、きっと基本的にはそんなに悩まない人だと思うんです。本人も「その日のメンヘラその日のうちに」って名言残すくらいだし。でも、そんな彼が自分と重なるところがあるって挙げた最後の曲の歌詞には「もうアイドルなんてやめちゃいたいよ」「こんなことになるとは」「散々だよ」「これそんないいですか?」ってアイドル活動に対する苦悩が描かれていて。なんだかんだ最終的にはこの曲も「さあさあ明日もスキップで進もう!」で終わるんですけど、「今は楽しくアイドルしてるけどこういう風に思ってたこともちょっとあったんだ」って、それも曲にのせて自分のファンに吐露する日が来るなんて思わなかったから、そんな気持ちがあってなお、こうしてアイドルやってくれてることには本当に感謝しかなくて。

彼のソロ曲でも、「いっぱしにアイドルしちゃってもいいかな?」って問いかけるフレーズがあります。誰に聞いてるのかは分からない。自分自身かもしれない、世間かもしれない、ファンに向けてかもしれない。でも、出来るのなら、アイドルとしての二番煎じさんの今を全力で肯定したい。ステージに立ってくれてありがとう、気持ちを届けてくれてありがとう、いっぱしにアイドルしちゃってもいいんだよ!そうやって小さくても声をあげて応援したいなって、そう思ってしまうんです。なんだか、そういう気持ちをまた改めて実感した演目だった気がしました。

 

 

うん。

 

クソ重いね。

 

 知ってた。なんならこのブログ書こうと思ったときから内容重くなるだろうなとは思ってた。だから前半軽めにしたのに意味なくなったな?

とにかく、二番煎じ推しとしてこんなに参加してよかったな〜と思わされることになるとは思わなかったしこんなの見せられたらまた推さないといけないなと思いました……ほんとずるい……。

二番煎じ聖誕祭、愛と感謝に溢れた素敵なイベントでした!また機会があればお邪魔させていただこうと思います。

 

そんな二番煎じさん今後も朗読劇にソロ写真集に大忙しですね。体調に気をつけてますます躍進していってほしいところ!オタクも頑張ってついていくぞ!よっしゃいくぞー!!