酸素欠乏

くるしい

きっとアイドルじゃなかったら出会ってない

むすめん。ちゃんがめせもあ。ちゃんになってからの初記事!イエーイ!

改名発表の生放送*1では新しいグループ名だけでなく膨大な量の新情報が解禁になって、オタクはひたすら一喜一憂し忙しかったわけですけど、その中に一つ。

 

春に発売されることになったMeseMoa.1stアルバムに

 

推しさんのソロ曲収録決定!!

 

 

思わず天を仰ぎました。神様ありがとう。西沢さんPさんありがとう。

メンバー9分の4+1人がソロ曲を持っているというこの現状で、順番に行けばいつかはくるだろうとは分かっていても、やっぱり決定事項として私たちオタクに伝えられる瞬間っていうのは特別で、大切なんですよね。

 

 

 

正直、ずっと待ってました。前からぼんやりとソロ曲もらえたらいいねとはおもっていたけど、それが明確になったのは昨年とみたんが自分をいっぱい詰め込んだ曲をもらって、それをとても嬉しそうに、楽しそうに歌っていたのを生で見てから。会場が全部メンバーカラーに染まる中で、自分だけの曲を高らかに歌い上げるその姿を見たら、ねえ。推しにもこんな景色を見せてあげたいなって思っちゃうじゃないですか。

 

そもそも彼らって最初からアイドルを目指していたわけではなくて、悩みに悩んで、お仕事をやめる決断をしたり、みんな何かしらを犠牲にして(という言い方はおかしいのかもしれないけど、)そうやって今こうしてアイドル活動に専念してくれているわけで。そこまでの覚悟でやっているのなら、一ファンとしてはもっともっと大きくなってほしいし、『アイドル』としての彼らの存在を世に残していかないとって思うんです。いや超勝手だけど。

 

だからたぶん私の中では、そのための大きな要素の一つとして『ソロ曲』っていうものがあったんだと思います。

 

わたしが二番煎じさんを推すようになったのは2014年の夏ごろからで、その時にはもうむすめん。はアイドルとして売り出していました。勿論今ほどちゃんとしたお仕事としてではないけれど、私が好きになったときはもう彼らはアイドルだったんです。

 

でも、本人はそうは思っていなくて。2015年の中野公演で、ある時までは完全に『踊ってみたの延長線上』だった、と言いました。わたしだって、彼らを知ってからは踊ってみたはとても身近なものになったし、昔も含めて、踊ってみたをしているときの彼らのことをとても好きになりました。今でも踊ってみたが上がるとめっっちゃくちゃ嬉しいです。

 

だけど、踊り手としての二番煎じさんでも出会えていたかと聞かれると、はっきり言って自信はない。なんせ別ジャンルにどっぷりだったもんだから。昔っから応援してる方はその時から気づいていたんだろうけど…すごい……。

 

そんな風だから、推しさんは中野が決まる前まではお仕事を取るって決めてたんですよね。どんなに人気が出て歌も踊りも見違えるほど上達したって、そっちを取るのが常識で、当たり前のことだから。それでも、いろいろ考えた末にこっちの道を選んでくれた。

結局わたし自身がアイドルっていうものが性癖なんだろうなとは思うんですけど、一般人でアイドル『気取り』で、『踊ってみたの延長』だって言っていたのに、社会人としての当たり前を取るって決めていたのに、その当たり前から外れてアイドルとかいう不安定な職業やってくれてる今の状況ってのはマジで奇跡なんですよ。わかります?奇跡なんですよ!!!!!!!!!!

 

話を戻すと、そんな奇跡に今回『ソロ曲』という形で一つ名前がついたわけです。推しさんがアイドルであるという証が、それもMeseMoa.として新たな一歩を踏み出した彼らの最初のアルバムに収録されるって、なんつーか、持ってんな……。持ってる男だわ二番煎じ。しかもそれを披露するのが初めてのホールツアーで初日がハーモニーホール座間*2ってもういよいよだね……??

 

またこの景色が見たいって、今を生きていたいって言ってくれたあの瞬間を信じることしか自分にはできないと思っているので、これからも現場に行った時は全力でエメグリ振ってると思います。推しさんをアイドルたらしめる、そのイルミィの一部になれていたらいいな。

 

 

自分のためだけに作られた歌で、ホールを自分だけの色に染めてください。

オタクも一緒にその景色みたいぞ!!

ソロ曲おめでとう!!!

 

 

*1:詳しくはこちら

むすめん。 公式ブログ - むすめん。から改名のお知らせ。 - Powered by LINE

*2:キャパ1300人。ハロプロコンサートの初日はだいたいここで行われている